NoName774 -気に入ったものをなんとなく紹介するブログ-

Apple製品、アプリ、ガジェット、ゲームなどの紹介ブログ

【No.016】WindowsユーザーがMacBook Pro(2018)を買って思ったこと!

f:id:NoName1109:20190314204729p:plain

Macbook Proがうちに、やってきた!!

こんばんは、ななしです。

ついに買ってしまいました! Macbook Pro (2018)!!

https://www.apple.com/jp/macbook-pro/

Windows98時代からWindowsは一筋の私がなぜMacを買ったのか、どんなモデルを買ったのか、何に使っているのかなどを語っていきたいと思います。

WindowsとiOSの変遷

私のメイン機のOSの変遷は次の通りです。

Windows 98 Windows98SE WindowsME WindowsXP Windows7 WindowsVista Windows10 ←今ココ

思えば約20年間、パソコンも大きく進化しましたよね。 私が最初に手にしたパソコンはSHARPのMebiusで、CPU 1コア 233MHz、HDD3GB、メモリ128MB、通信速度56kbpsとかでしたから。 文字だけのホームページを表示するだけで数分かかるような時代でした。

そんな私がApple製品を初めて手にしたのはiPhone4発売時でした。 タッチパネルやアプリが新鮮で、一日中スマホを操作していたのを覚えています。 ちなみにiPhone4→5→6plus→6s→Xです。iPad2も買いました。 途中で大きいほうがいいだろうと6plusを買ったんですけど、スマホとして使うには大きすぎたので、6plusの支払いの途中だったのに6sを買ったのはいい思い出です。 スマホの用途は主にソーシャルゲームだった気がします。

Macbookを購入した理由

そんな私が今回なぜMacbookを購入したのか。 特に何かきっかけがあったわけではないのですが、様々なブログを見ていたらiPad Pro(2018)がほしくなってきて、 いざiPad Proを購入したところ、今度は携帯がiPhoneでiPad Proも買ったし、全部揃えたほうが使いやすくなるかな、と思ってしまい、 流れで気づいたら購入してました。 完全にAppleの戦略に乗せられていますね(笑)

購入したMacbook Proの仕様

まず、購入した機種はこれです。 30万円超えということで、けっこう頑張って買ったなぁと改めて感じます。 f:id:NoName1109:20190314204450p:plain

システム情報はこんな感じです。 f:id:NoName1109:20190314204832p:plain

Geenbenchで確認したところ、マルチコアのベンチマークはこんな感じでした。 あれ?iPad Pro(2018)の方が性能上じゃない?と感じたのはきっと気のせいでしょう(笑) f:id:NoName1109:20190314204519p:plain

Macbookを使ってみて感じたこと

では、さっそくですがMacbookを使ってみて感じたことをご紹介したいと思います。 操作方法に関しては、Windowsと違うところも多いのですが、数日で慣れました。 むしろ毎日新しい発見があるので楽しいですね。 なんでDeleteボタンがないんだろう、とか思った時期もありました。

操作面ではトラックパッドの使いやすさに感動しました。 特にトラックパッドと[Better Touch Tool](https://folivora.ai/downloads/)の組み合わせは最高です。 このアプリを使うと、トラックパッドのジェスチャーの割り当てを好きに決めることができるので、トラックパッドでなんでもできるようになります。 本当にマウスがいらなくなりますので一度試してみてください。 Windowsに戻ってこられなくなりますよ!

あとはiCloudを利用したiOSデバイスとの連携が素晴らしいです。 AirDropを使えば簡単にファイルのやりとりができますし、iCloudを利用すれば各種アプリ の情報や設定が自動的に同期されます。 例えばiPhoneで撮影した写真や動画をiPad Proで編集してMacbook Proでブログ用に仕上げてアップロードする、なんていう一連の作業をストレスなく行うことができるのです! もちろんAirPodsも自動的にペアリングされてました。

最近購入したiPad Pro(2018)と比較してどちらを購入しようか迷った時期もありましたが、今となっては両方買ってよかったかなと思っています。 できることで考えると重複する部分も多いのですが、逆にそれぞれの端末でしかできないことも多いのでうまく使い分けをしている感じです。

Macbookの用途としては、主にブログ記事執筆と動画視聴です。 たまに動画や画像編集をするくらいです。 たぶんMacBook Pro(2018)だけではなく、iPad Pro(2018)の性能も全くと言っていいほど使いきれていないと思います。 でもいいんです!使っていて楽しいので!

色々な場所であまり良い評価をされていないTouch Barに関しては、特に使いにくいとは思いませんでした。 たぶん初めてMACを触ったので、先入観もなく受け入れられたからでしょう。

イマイチな点はやはりお値段でしょうか。。。 同スペックのWIndowsPCなら半分以下の値段で手に入りますから。 ただ、MacOSは定期的に無料でアップデートされますし、純正のアプリが使いやすいのであまり追加の出費が発生しません。 また、カメラやマイクといったアクセサリー的なものも最初から付属されていますので追加で購入する必要はありません。 そう考えると一概にWindowsPCの方が安いとはいえないかもしれませんね。

先月、車を当て逃げされて修理代に約20万円かかったので少し金欠気味なのに、Asppleローンで将来の自分に少しだけ借金をして購入しました。 ちゃんと使いこなして長く使っていかないといけないなぁと改めて思っています。

よかったところ

  • トラックパッド
  • バタフライキーボード
  • iCloud(iOSデバイスとの連携)
  • AirDrop
  • 純正デバイスだけでなんとかなる

イマイチだったところ

  • 値段が高い

まとめ

買った本人はとても満足しています! スマホ、携帯、タブレット、イヤホンをApple製品に統一することで、利便性が大きく向上しました。 新しくパソコンを買いたいという人で、もし何かApple製品を持っているのであれば、Macbookも選択肢の一つになるかもしれません。 ただ、やはりお値段が高いので、だれにでもお勧めできる訳では無いと思います。 もし1台目のパソコンというのであれば絶対にWIndowsPCをリーズナブルな値段で購入した方がいいです。 一般的に利用されているパソコンはWindowsの方が圧倒的に多いので、お仕事で使う時などにファイルの互換性などを気にする必要がなくなります。 ご自身の予算と相談してどのパソコンを買うか決めるといいと思います。 まとまりなく感想を書いてみましたが、みなさんの参考になれば幸いです。

Written with StackEdit.