NoName774 -気に入ったものをなんとなく紹介するブログ-

Apple製品、アプリ、ガジェット、ゲームなどの紹介ブログ

【No.035】ドラゴンクエストビルダーズ2 冒険と創造の書

f:id:NoName1109: 20190501130916j:plain

今更ですがVジャンプの攻略本を買ってみました

こんにちは、こんばんは、ななしです。

みなさんドラクエビルダーズ2をプレイしていますか?

定期的に無料アップデートが実施されて

2種類のDLCも発売されました。

先日DLC第3弾の発売も発表され

いろいろなところで盛り上がりを見せていますね。

今日は2018年12月10日にゲームソフト発売と同時に出版された

ドラゴンクエストビルダーズ2 冒険と創造の書

の簡単なレビューをしてみたいと思います。

このガイドブックを買おうかどうか悩んでいる方の助けになれれば幸いです。

本書は大きく6つのパートで構成されています。

第1章 DQビルダーズの世界へ

第2章 遥かなる旅路へ

第3章 冒険手帳

第4章 Enjoy! クリエイト

第5章 アイテム&クリエイトデータ集

第6章 モンスターデータ集

それでは章ごとに概要を説明していきますね!

第1章 DQビルダーズの世界へ

f:id:NoName1109: 20190501132355j:plain

最初のパートではブロックメイクRPGやビルダーとは何かから説明が始まります。

その後、PS4版とSwitch版の操作方法の違いビルダー道具探索の仕方や拠点の発展のさせ方が記載されています。

たぶんこの記事を読まれている方であれば理解されていることばかりだと思いますので

我こそはベテランビルダーと思われる方は読み飛ばしてもいいと思います。

第2章 遥かなる旅路へ

f:id:NoName1109: 20190501132506j:plain

2つ目のパートではメインストーリーの攻略が記載されています。

モンゾーラ、オッカムル、〇〇○、ムーンブルクまでが攻略対象です。

とはいえ、細かいマップもありませんし、必要最低限の情報が書かれているという印象です。

2019年1月31日に発売された公式ガイドブックの方が何倍も優れていると思いました。

攻略本としてはあまり期待しない方が良いと思います。

第3章 冒険手帳

f:id:NoName1109: 20190501133033j:plain

この章では探索やバトル、ビルドのワンポイントメモのようなものが紹介されています。

初心者ビルダーの方達には役に立つ情報が全部で64個紹介されています。

とはいえ、どれも基本的なことが多く

HP0になったら拠点に戻される、畑からタネを入手しよう、シドーや住人も装備で強化しよう、など

ゲームをプレイしているうちに覚えていくものが大半だと思います。

第4章 Enjoy! クリエイト

f:id:NoName1109: 20190501133122j:plain

この章ではからっぽ島でのビルドを楽しむための方法が紹介されています。

DQ2の建物をモチーフにしたもの、ドット絵などです。

ただし、作り方は全く記載されていないので

こういう建物も建築できるんだー、くらいの感想になると思います。

第5章 アイテム&クリエイトデータ集

f:id:NoName1109: 20190501133159j:plain

この章では各種アイテムのレシピがほぼ網羅されています。

部屋リストやかたまりリストもあるのでビルドの参考になると思います。

とはいえ、今の時代インターネットで全ての情報が手に入りますので

手元にスマホなどがないときくらいしか使わないかもしれませんね。

第6章 モンスターデータ集

f:id:NoName1109: 20190501133211j:plain

この章ではモンスターと落とすアイテムがチェックできます。

強さに関する情報は★で表記されているのでほとんど参考になりません。

まとめ

f:id:NoName1109: 20190501133226j:plain

この記事を記載しているのが2019年4月で

私自身がゲームをクリアしてしまっているので

記載されている情報としては正直、微妙と感じました。

ごめんなさい、50点です!

もちろん今から始める方にとっては良い情報ばかりだと思いますし、

お値段的にもかなり安い(古本屋でも手に入る)ので

お試しで買ってみるのもアリかもしれません。

先行アイテムとして「勇者たちの肖像画」のレシピが手に入る

デジタルコードが付属されていますので、これ目当てで買うのはアリですね!

コードの有効期限は2019年12月19日なので注意してくださいね。

この記事で紹介してきていて今更なんですが、

今、この本を買うくらいなら、公式ガイドブックか建築ガイドブックを買いましょう!笑